人に風俗をおすすめする理由はいろいろあると思います。ここの体験談を参考にしてみてください。

地方デリヘルはアクシデントの宝箱や~

投稿日:2016年8月8日

出張先でのデリヘル遊びが楽しみ、という人も多いんじゃないでしょうか。私もカンペキにその口でして一人で出張行った時はもちろん同僚何人かと行った時でも仕事後の飲み会はそこそこにさっさと一人でホテルに戻ってデリヘル嬢を呼んじゃうわけです。それにしても地方のデリヘルってアクシデントとかトラブルすごい多いですよね。この前なんか午後9時に予約していてその10分前に部屋に戻ったら、部屋の前に嬢がボーッと突立ってるんですよ。えー、今来たところ?と聞いたらなんと30分も待ってるんだって。もしかしたらいるかもしれないから早めに来たって言ってましたけど、どんだけ暇なんだよ!って思いました。他にも同じ店から同時に三人派遣されてきたこともあるし、迎えの車が来なくて嬢が私と部屋に一泊していったこともあるし…あんまり悪い意味でのトラブルは経験したことないんですが、やっぱり都会に比べて店の運営がグズグズなのは間違いないですね。また次の出張でも何かおもしろいことが起きないかちょっとだけ楽しみにしています。

ドアあけたらおじさん立ってた

最近ある地方都市(結構大きい)に引っ越した私です。どこの土地に行ってもデリヘルってあるんですね。嬉しいです。やっぱり引っ越してきたばかりの土地というのとはとても新鮮で当たり前のことですがチェックするデリヘル店もデリヘル嬢もみーんな初見。どいつから食ってやろうかとウキウキしながら情報誌を読みまくりました。その後「まあ最初だし標準的な値段の店でこの土地のレベルを測ってやろう。」と上から目線なことを思いつきお店へ電話。私も部屋をちょこちょこっと掃除しましてドキドキしながら待機しておりました。しばらくするとチャイムのピンポイーンという音が鳴りましたのでガチャッとドアを開けるとそこにはおじさんが立っていました。お嬢さんじゃありません、おじさんです。あれ?!と思い戸惑っていると、そのおじさん「はい、こちらがミカさんでーす。」と言いドアの影からデリヘル嬢が登場。なんと車で送ってきたおじさん店員が客に嬢の紹介をしてくれたわけです。代金もそのおじさんが持っていきましたし、なんじゃこりゃー、おじさんがなんでくるんだよ!と思い嬢にも言ってやったんですが、なんとこの土地ではこれが当たり前なんだそうです。これ読んでピンときた人もいるかもしれませんね。いきなりのカルチャーショック体験でした!